ボゴタの交通事情とTu Llave(ボゴタ路線バスのカード)の取得方法

日本の外務省安全情報や現地の情報を調べる限り、

ボゴタの路線バスに乗るな!窃盗・強盗もあるし、運転も荒い。とにかくヤバい!

確かにボゴタ路線バス窃盗や強盗事件の報道は耳にします。運転も尋常じゃないくらい荒いです。ただ、ボゴタにお住まいの方なら、路線バスに乗るための
Tu Llave」(日本のSuicaやManacaみたいなもの)を取得したほうが良いと思います。
その理由は、

  1. ボゴタ市全域の交通渋滞問題
  2. Bogotano(ボゴタっ子)の運転マナー
  3. 「Pico y Placa」

以上、大きな3つの問題があるからです。
とにかく、ボゴタの交通事情の現状とTu Llaveの取得方法を解説します!


ボゴタ市の交通事情について



公共交通機関について


ボゴタにはかつて「Tranvía」(=路面電車)が市民の足として、67年間営業されていましたが、1948年の「El Bogotazo (ボゴタ暴動)」の影響で車両が相次いで放火やバリケードに使用された影響もあり、1951年に廃線が決まりました。
それ以来ボゴタでは、電車などの公共交通機関が発達せず、現在は「Transmilenio (特急バス)」と「SITP (路線バス)」しかありません。


※余談ですが、ボゴタではずっと議論されている地下鉄構想があります。
しかしこの構想は政治家の利権や政治利用によってなかなか進んでいませんでしたが、2019年、ペニャロサ前市長時代に1号区間(仮称)のコンペが開催され、中国企業が落札しました。(※コンペには日本からは日立とイタリア系の合弁企業が参加しましたが撤退)
ようやくボゴタでも地下鉄の建設が始まる予定ですが、現クラウディア市長は、落札者の選定プロセスに疑義があり、調査が必要との認識を示し、実際の着工は不透明なままです。


自家用車について


1951年の公共交通機関の衰退以降、市民の間では自家用車の保有数が急増し、現在では主な移動手段となっております。政府も国民の自家用車取得を奨励し、運転免許もちょっと前まで簡単に取得できました。他方、爆発的な車の普及で南米でも屈指の大気汚染レベルで、交通渋滞も深刻です。救急車が渋滞にはまり、搬送者が亡くなるという事態も起きています。


タクシーについて



コロンビア全体でタクシーは、ちょっと買い物やどこかへ行くとき気軽に使います。ボゴタ観光の時も重宝…というか公共交通機関がないので仕方なくタクシーです。タクシーには数字のメーターがついており、運転手の登録情報兼料金表を掲げなければならないと運輸省令に明記されていますのでメーターつけてるか確認しましょう。基本的に質が悪いので外国人相手のぼったくりはほぼ日常茶飯事です。(※ちなみにタクシー運転手達は一般のコロンビア人労働者比べても稼ぎはかなり良いらしいです)


交通渋滞および道路事情について


ボゴタの渋滞ついて、2018年のInrix Global Trafficによると、
「ボゴタの渋滞時間が一番長く、市民は年間271時間渋滞に巻き込まれている」という調査結果が出るほど、深刻な問題となっています。
現在では環状線やバイパスなどもできて緩和されている傾向にあるようですが、いまだ主要道路では朝晩のラッシュ時に渋滞が続いています。
道路事情は、主要幹線道路以外では未舗装の地域や穴が開いていたりするのでパンクも頻発します。そのためか、通り沿いにはタイヤ修理屋が多くあります。


Bogotanoの運転マナーについて


コロンビアは右側通行で、何においても車優先社会です。
コロンビアにも教習所はあり、実地で運転練習を重ねてから免許が発行されるのですが、学科試験や技術試験はなく、とりあえず1ヶ月くらい教習所に行けば誰でも取れるもので南米屈指の簡単さでした。なので、運転のマナー、質などは日本と比べてはいけません。

特徴としては、「頻繁かつ無理な車線変更」「速度超過」「ながら運転」「やたらにクラクションを鳴らす」「激しい追い越し・追い抜き」「煽り運転」などがあげられ、極めてマナーの悪い状態です。「ゆずりあい」は基本ありません
特に運転が荒いのは、「バス」、「輸送トラック」「タクシー」です。

歩行者も平然と大通りを横断したりなど、交通ルールの意識があまり根付いておらず交通事故は絶えません。自転車が車道の真ん中を走っていたり、コロンビアの道路には、日本人には理解しがたい光景のオンパレードです。


「Pico y Placa」


コロンビアの主要都市では、ナンバープレート(以下、NP)の末尾数字により車の使用できる時間帯が決まる「Pico y Placa」が導入されています。

例えば、奇数1-3-5-7-9の車は、月・水・金曜のAM6:00からAM8:00、PM3:00からPM7:30まで使用禁止。偶数0-2-4-6-8の車は、火・木曜の上記同時間帯に使用禁止、という具合です。(※土日はなし)

たまに、大気汚染レベルが上がってくると市の権限で「環境のための緊急Pico y Placa」が行われたりします。これは市長次第です。

このようにしてすべての車が使われないような努力が行われています。
お金のある人は、偶奇数のNPの車を2台保有していたりします。
(※新車は運輸局で勝手に採番されるので、NP採番済の新古車ないしは中古で買います。ネットの中古車市場をみるとNPの末尾がしっかり描いてあります。)


ボゴタの路線バスについて


ボゴタである程度の期間生活するのであれば、交通渋滞や運転マナー、Pico y Placaの問題などで免許を取って運転するのはちょっと…
ただ、タクシーは割高だし、毎日乗ると結構な出費なので、私はたまにはバスに乗ることをオススメします。

ボゴタ市の交通事情で触れたとおり、ボゴタには「Transmilenio」と「SITP」運行しています。ボゴタの路線バスは、Transmilenio S.Aという私企業が運営しており、私鉄バスのようなものです。
その中で下で説明するバスに乗る場合、「Tu llave」(=日本でいうSuica)が必要になります。


Transmilenio (特急バス)


TransmilenioはAutopistaなどの大通りに専用車線を持ち、Transmilenio専用駅を行き来する市内特急バス。市内を南北につないでおり、ボゴタのバスでは最長区間を運行する。すべて各駅停車。駅には改札があり、Tu Llaveが必要。市内各地から中心地で働く社会人や学生が利用する。激混み区間は東京の満員電車のよう。


SITP Alimentadores


SITP Alimentadoresは、各地区の病院などの近くからTransmilenioの駅までを繋ぐバスで、Transmilenio利用者の「中継バス」として運行されている。


SITP URBANO


SITP URBANOはボゴタ市の地区と地区を結ぶ路線バスで、一般路線バスの中で一番長い距離を運行する。最も使い勝手の良いバスで、全てのバスの中で、運行本数も一番多い。前乗り。市営バスのように乗った時に機械にTu llaveをかざして支払いをする。渋滞しているとたまに運転手判断で運行ルートを突如変えることがあるので注意。


SITP COMPLEMENTARIO


SITP COMPLEMENTARIOは、SITP URBANOのよりも小さい範囲(各Sector)を巡回するバス。こちらも乗車、支払方法はSITP URBANOと同じ。

SITP COMPLEMENTARIOは、SITP URBANOのよりも小さい範囲(各Sector)を巡回するバス。こちらも乗車、支払方法はSITP URBANOと同じ。


SITP ESPECIAL


SITP ESPECIALは、通常の地域での運行が難しい市内の山岳部と市内の停留所やTransmilenioの駅を結んでいる。SITP ESPECIALは小さいバスなので、乗降口は同じ。支払方法はTu Llaveを機械読み取り。

※運行ルートなど公式HPから検索してください。
Transmilenio:https://www.transmilenio.gov.co/
SITP:https://www.sitp.gov.co/


Tu Llaveの取得方法&チャージ方法


Tu Llaveを作れる場所は意外と少ないです。コチラから最寄りで作成してください。必要書類はCédula de extranjeríaと5000ペソです。正味5分くらいで作れます。

残高チャージ方法は、Transmilenioの駅、PAGA TODOの各店舗、ネットでチャージする方法があります。バスではチャージできないので気をつけてくださいね。


以上、「ボゴタの交通事情」と路線バスカード「Tu Llave」の作り方を見ていきました。日本の方はあまりバスに乗らないようで、ボゴタの公共交通の状況についての情報はすくないです。
この情報が少しでもお役に立てばうれしいです。
ご質問等ありましたら、コメントなどで聞いていただければと思います!

↓↓ よろしければクリックしていただけると嬉しいです! ↓↓


↓↓ コロンビアのニュースはコチラから!

↓↓ コロンビア・南米関連のおすすめ本です!


kei
  • kei
  • 群馬県高崎市出身。第二の故郷は名古屋市。
    貿易会社の南米支社長。公認会計士(日米+コロンビア)。
    都内の大学卒業後、プラントエンジニアリング会社へ入社。そこでコロンビアプロジェクトの一員としてボゴタに駐在することに。コロンビアに惹かれる。コロンビア駐在中にMBA取得。駐在修了後、名古屋の外資系企業の財務Mgrとして勤務するが、大学時代の友人に誘われ、貿易会社の南米担当としてコロンビア移住を決断。現在はボゴタでコロンビア人の奥さんと生活中。趣味はコロンビア料理、読書、ダンス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です