南米のアテネ – コロンビア・ボゴタ散策②

コロンビア・ボゴタ散策①では、セントロ地区を紹介しました。
今回はセントロからちょっと離れて、エル・ドラード空港からセントロまで、ボゴタ市内を東西に通る「エル・ドラード通り」にあるボゴタ植物園、恋人たちの公園、コロンビア国立大学の3点、観光スポットを紹介したいと思います!

ボゴタ植物園(Jardin Botanico de Bogota)


ボゴタ植物園(Jardin Botanico de Bogota)はコロンビア全土から集められた植物を展示しているボゴタ市営の施設です。
54,884もの個体種が展示されており、コロンビアの植物を見たいなら、この施設だけで十分です。

植物園に入ってすぐ、噴水がある池が出迎えてくれます。
小中高校生の校外学習や、大学の植物学科の学生も研究で訪れていたりする研究拠点でもあります。市民もよくここでくつろいでいます。この池は植物園の憩いのスポットです。

植物園には、植生によって8つの気候ブロックに展示を分けています。
下の写真は、コロンビアの湿地帯を再現したブロックです。

湿地帯ブロック。再現度がリアルでアマゾンに足を踏み入れたような気持ちになります。

植物園の奥には高台へ行ける小道があります。こちらは中高度に生息する植物が所狭しと茂っています。展望台は人が多くないのでじっくり背の高い植物を上から見ることができます!

高台への小道
高台の頂上にある展望台。上から見ると実に多様な植物が生息しているかわかります。
遥か向こうには、3500m級の山々が見えます。
ココヤシの木は成長すると30mになる個体もあります。

ボゴタ植物園の横には、「国立シモン・ボリバル公園」もありますので是非足を延ばしてみるとよいでしょう。


恋人たちの公園(Parque de los novios)


恋人たちの公園(Parque de los novios)は、国立シモンボリバル公園のほぼ隣、徒歩で行ける範囲内にあります。
この公園はもともと「湖公園(Parque del Lago)」という名前でしたが、ここで告白すると成功する、ここで結婚すると別れない、などの伝説から恋人たちの公園と呼ばれています。

あらゆるところに2人になれるスポットがあって、まさに恋人たちにふさわしい公園です。この公園で結婚式を挙げることもできますよ!

湖。ここでスワンボートも漕げます。

コロンビア国立大学(Universidad Nacional de Colombia)


ちょっと趣向を変えて、コロンビアと言えば「壁画アート」です。
あらゆる商業ビル、商店のシャッター、専門の壁画アート屋さんに頼んで書いてもらったりします。

コロンビアでちょっと趣向の違う壁画アートが見たい場合に、私のおすすめは「コロンビア国立大学 (Universidad de Nacional de Colombia)」です!

まずは、ラテンアメリカの定番。あのお方は必ずいらっしゃいます。

こちらも、ゲバラ。

右:Jaime Garzón
左:Ernesto Guevara

街中の壁画アートとは違い、メッセージ性が強いものが多いですね。


今回はセントロからちょっと西のボゴタ市内を紹介しました。
空港からセントロ地区を結ぶ「エル・ドラード通り」には多くの公園や重要施設が立ち並んでいます。ボゴタ観光はセントロ地区以外にもいっぱい!
ぜひコロナの影響が落ち着いたら訪れてみてください!

しつこいですが、書かせてください。

徐々に状況は良くなっているとはいえ、コロンビアは安全かといわれると、「まだまだ」ということだけは断っておきます。ただ常に周囲に気を配り、近づいてくる現地人を不用意に信用しないという他の国へ観光に行く時と同じ心構えでいれば、アクシデントは防げます。
毎年1,000人規模で警察官が増員され、政府の治安維持の取り組みが強化された結果、主要都市の治安は改善しています。主要都市の観光地では英語のできる警察官が警戒しており、観光はしやすい状況になっています。
コロンビアでは、一部を除きほとんど英語が通じないので、多少のスペイン語を覚えていくか、指差し帳を持参することをおすすめします!

↓よかったら押してくれると嬉しいです!

kei
  • kei
  • 群馬県高崎市出身。第二の故郷は名古屋市。
    貿易会社の南米支社長。公認会計士(日米+コロンビア)。
    都内の大学卒業後、プラントエンジニアリング会社へ入社。そこでコロンビアプロジェクトの一員としてボゴタに駐在することに。コロンビアに惹かれる。コロンビア駐在中にMBA取得。駐在修了後、名古屋の外資系企業の財務Mgrとして勤務するが、大学時代の友人に誘われ、貿易会社の南米担当としてコロンビア移住を決断。現在はボゴタでコロンビア人の奥さんと生活中。趣味はコロンビア料理、読書、ダンス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です