日本より進んでいる!コロンビアの社会保障支払システム・PILA

コロンビアの国民健康保険に加入できてほっとしているかもしれませんが、
ごめんなさい。支払い忘れて無保険!なんてことが、コロンビアでは起こりえます。EPSは「支払い忘れてますよ」って連絡くれませんので、期日までに絶対支払いましょう! 
PILAシステムに毎月の支払情報を登録するためのサイトは10社が提供しており、ここも競争原理が働いております。
今回は、PILAの中でも一番使いやすいフォーマットの、「Pago Simple」の完全解説をしていきたいと思います!

PILAとは?


La Planilla Integrada de Liquidación de Aportes (PILA)の略で、
「総合拠出金決済フォーム」のことです。

具体的には、「健康保険・年金・労災保険・確定判決に対する各種支払・公的機関に対する罰金及び過料支払、ICBF(日本の児童相談所)やSENA(公立職業訓練所)」を同時にオンライン上で決済できるフォームで、2005年政令1465号の及び2005年Resolucion3104号(ICBFのみ)に基づきスタートしたシステムの一つです。

管理主体は、
健康保険:EPS(保健管理会社)
・老齢年金:Colpensiones (コロンビア年金管理機構)
・労災保険:ARL(コロンビア労災管理機構)

現在、健保・年金・労災保険支払情報をPILAに報告するオペレーションシステムが10社からリリースされています。
私が一番使いやすいと思っているシステムは「Pago Simpre」です。

Pago Simpleはとにかく視覚的かつ、支払金額を確認してくれるので、間違えにくいのでおすすめです。

ちなみに、コロンビアの被雇用者は会社のAdmin部門が全部やってくれるので必要ありません。フリーランス、会社経営、コロンビア人配偶者の方は健康保険には強制加入義務があるので、必ず毎月支払わなければなりません。


PILAでの支払期限日について


支払期限はCedulaに記載の身分証明書番号末尾2桁で変わります。
2020年5月現在、下表のとおりとなります。

自分のCedula番号を確認して、自分の支払いスケジュールを把握したほうが良いです。ちなみに「営業日」なので、土日祝は除きます
最悪遅れたとしても16営業日までに支払えば1回までは問題ないです。2回以降遅れると追加で罰金が取られたりしますので、注意してください。
支払不能の場合は、EPSへ電話して事情を説明して指示を受けます。


Pago Simpleの操作方法について


① Pago SiempleのWebサイトにアクセスし、システムにログインする。※初回登録が必要なので、済ませておく。


② 「Liquidar PILA」を選択。


③「Planilla en Linea」を選択。他の選択肢は主に会社の担当者が使用することが多い。データ取り込みができる。


④ フリーランス・自営業の人は「I」を選択。会社員は「E」。


⑤ ④から遷移。支払月を選択。ここ間違えていると取り返しがつななくなるのでよく確認してください。間違っててもEPSは返金してくれません。


⑥ 「(3) Independiente」を選択し、「Cual es su salario?」に「総月収」を入力


⑦ 「Soy colombiano residente en COL」を選択し、「Estas Obligado a pagar pension?」は「Si」を選ぶ。

原則、コロンビアのすべての人が年金支払義務者です。


⑧ ここで、基本データの確認画面になります。すべて問題がなければ、次へ。


⑨ 前月の間に、収入などが変化したり、扶養に入ったりしているか?を選ぶ画面に遷移します。特になければ選ばずに、下へスクロール。


⑩ 年金の料率と納付額計算シートがあります。年金はColpensionesに納付しますので、Adminは変更なし。個人事業主の場合には、年金保険料率が16%になっているかチェックする。右の「Total Cotizacion」に今月の支払金額が表示されます。問題なければ次へ。


⑪ 健康保険の計算シート画面。加入EPS名はいじらない。個人事業主の場合は12.5%の保険料率となっているかチェック。一番右に当月納付すべき健康保険料金額がでているので、問題なければ下の項目へ。
当月に新しく自分の扶養に入った者がいたら、扶養情報を追加する。
全てOKなら次へ。


⑫ Resumen de Liquidacion=年金・健保精算確認画面です。チェックして問題なければ次へ。


⑬ 支払金額最終確認画面です。年金と健保の当月納付すべき金額の合計が正しければ、右の「PSE」(=政府系の電子支払システム)ボタンを押してネットバンキング or 「Nequi」というコロンビアの電子決済アプリで支払を行います。
両方、コロンビアの銀行口座がないと決済できないので注意してください。クレジットカードは決済に使用できません

※銀行窓口での支払いもできますが、コロンビアの銀行はいつも混んでいて待ち時間長いのでおすすめしません。


※PSEから決済する場合

Pago Simple最終確認画面からPSE画面に遷移すると以下のページが出てきます。「Persona Natural=自然人」を選択&メールアドレス入力し、「Ir al Banco」をクリックし、ネットバンキング画面で支払。


「Nequi」から決済する場合

Pago Simpleの支払最終確認画面にある「Numero de Planilla」番号を「Nequi」アプリのReferencia番号として入力すると、番号を認識して、EPSおよびColpensionesに支払ができる。

詳しくはNequiのHPをご覧ください。
https://www.nequi.com.co/


以上、コロンビアの総合決済システム「PILA」を見てきました。
コロンビアに来てPILAを知り、日本より全然進んでいる!と驚愕した記憶があります。確定判決に対する支払など、司法関係にも使用できるのは日本と大きな違いがあるのではないでしょうか。

身近な支払だと、健保・年金なのですが、慣れれば5分かからずに支払いまで完了してしまうので、日本の時のように銀行で列を作る必要もありません。

この記事が、コロンビアでフリーランスや個人事業主、配偶者の方にきっと役立つものとなることを願ってます!

↓よろしければクリックしていただけると嬉しいです!

kei
  • kei
  • 群馬県高崎市出身。第二の故郷は名古屋市。
    貿易会社の南米支社長。公認会計士(日米+コロンビア)。
    都内の大学卒業後、プラントエンジニアリング会社へ入社。そこでコロンビアプロジェクトの一員としてボゴタに駐在することに。コロンビアに惹かれる。コロンビア駐在中にMBA取得。駐在修了後、名古屋の外資系企業の財務Mgrとして勤務するが、大学時代の友人に誘われ、貿易会社の南米担当としてコロンビア移住を決断。現在はボゴタでコロンビア人の奥さんと生活中。趣味はコロンビア料理、読書、ダンス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です