Quala S.A社のCMから読み解くラテンアメリカ各国でのプロモーション【コラム】

概要


まず、Quala S.A社(以下、クアラ社)は1980年にコロンビアのボゴタで創業された清涼飲料が主力の消費財メーカーである。従業員数はおおよそ10,000人。

クアラ社の特徴としては、積極的な拡大路線と多角化である。
2020年現在、以下の国に事業を展開している。

  • コロンビア
  • メキシコ
  • ドミニカ共和国
  • ペルー
  • グアテマラ
  • エルサルバドル
  • ニカラグア
  • ベネズエラ
  • ハイチ
  • ブラジル

中南米に手広く展開するコングロマリット企業です。


扱う商材は、清涼飲料のほかに、各種食品・洗剤・頭髪ワックスなどがあります。

クアラ社はブランディングにも長けており

  • Bon Ice
  • Frutimax
  • Vive 100
  • Saviloe
  • Sun Tea

などの独自ブランドを確立し、マーケティングのための投資は惜しまず、コロンビア消費財メーカーとしてはトップクラスです。

ラテンアメリカの企業でもトップ100に入るほどの巨大企業です。

余談ですが、中南米各国で売り子と契約を結び、道端や車道で売り歩くという古典的な方法も取り入れいます。

クアラ社、「昭和の日本企業のような『アツい企業』」です。

1. 各国別に『社歌』を作っちゃうくらいアツい!

こちらの動画をご覧ください。
社員さんたちが一生懸命踊っています。

コロンビアバージョン
メキシコバージョン

2. 中期経営計画が、アツい!

もう、一企業の枠を超越し切った、大きな夢を語りまくります。

世界の雇用を作り、世界の健康のために寄与する!」
「世界を変えてやる!いや、俺たち出来るし、やるよ!

今の日本企業でここまで堂々と言える会社があるでしょうか。

ここまで言い切れるからこそ、創業から40年で巨大企業になったのでしょう。

ただ、「しっかり現実に即して、社員一丸となってどんどん成長する!」というメッセージもあります。

よくわかりませんが、社員の映像はいつも騒いでいる場面ばかりです。

3. 社員が、アツい!

基本的に社員さん、みんな生き生きしています。
ホントかな?と思って実際に訪問した時も、皆さん楽しそうに仕事していました。

理由は、「コロンビアで最も働きやすい会社」と何度も言われてきており、

社員をとても大切にする社風は創業以来一貫している!」とクアラ社は説明しています。

実際に、「従業員の中期成長戦略」を会社が策定していたりします。

クアラ社のリクルートも当然、アツいです。
3:25秒から出てくる営業部長さん、激アツです!

サムネのお姉さん、微妙にシャキーラに似てますね

実際にCMを見てみよう


ラテンアメリカ各国で実際に展開されているブランドの中で、

コロンビア、メキシコ、エクアドルで販売されている「Vive 100」という商品のCMに焦点を当ててみましょう。

この「Vive100」は、いわゆるエナジードリンクで、毎年いろいろな味が発売されますので、クアラ社が押していきたいキーワードやトレンド、どの層に売りたいか、価格で勝負したいのか、バリエーションで勝負したいのか?どのように消費者マインドをつかみたいのか、などが推測できます。

では実際に見てみましょう。

コロンビアで放映されていたCM


  • 最初に1,000ペソであることを明示し、安さ重視
  • 18~45歳くらいの男女で、中~低所得向け
  • 1,000ペソ~最高2,000ペソ
  • 味のバリエーション=選択性があり、毎日飲めることを明示
  • 精製糖不使用アサイー味は健康志向のF層へ
  • Vive 100のプレーン味は低所得層へ
  • 経済性(価格) > 砂糖の含有量 > 味

メキシコで放映されていたCM


  • いきなり大きいボトルでお買い得感満載の始まり
  • ターゲット層は中~中低所得層、働く20~45歳の男性向け
  • スポーツマンや医師のようなタフな仕事・長時間の運転をする男性には大きいボトル。コロンビアと同様、提案営業型
  • 滴る水と果実でマイルドに自然由来アピール
  • 女性がターゲットではない
  • 経済性(価格) > 自然・健康 の順で、砂糖は入っているかどうかは重要でない

エクアドルで放映されていたCM


  • 最初に健康的な飲料をアピール
  • ターゲット層は、中所得層の18~50代の男女
  • フレッシュな清涼飲料でエネルギー回復に主眼
  • 砂糖が他社類似商品と比べて半分以下の含有量で、健康志向層向け。(エクアドルはコロンビアよりも砂糖を気にしない層が多い)
  • プレーン味とリンゴ味で他国よりも味が少ない。味のバリエーションよりも健康そうか、そうでないかがより重要
  • 自然由来成分 > 砂糖の含有量 > 味 > 経済性(価格)

比較的近い3ヵ国で、これだけの違いがあることがわかりますね。
他にもCM動画はいっぱいあります。上記動画のように提案営業型CMばかりでなく、「とにかくインパクトに残そう!」というだけで作られたようなCMもあります。一部ご紹介したいと思います。

コロンビア

【出典:Vive 100 Colombia】

コロンビアでアサイー味がリリースされたときのCMです。
謎の短調オリジナル曲で、どうやっても耳に入ってきます。
挙句、「アサイー!アサイー!」と狂ったように唱える始末。
とにかくうるさいCMです。ただ、記憶には残りますよね。
「アサイーとブラジルの熱量はそんなに相関性ないよね?」とかいう批判は何のそのです。
コロンビアのCMは1分以上のものが多いうえ、提供社も少ないので、3回に1回くらいこのCMだったときはおかしくなりそうでした。

エクアドル

コロンビアで良い感触を得たのか、ついにクアラ社が「あの手法」を海外輸出してしまいました。被害者はお隣の国・エクアドル。

「ボロホー!ボロホー!」
コンサボールアモラアスール!

乱暴です。 が、一瞬で頭に残ります。
さらに、ターゲット層もアピールポイントもブレていないんです。

メキシコ

さすがにメキシコでは、南米でやったように無茶はしません。

メキシコらしいゆったりした曲調から入っていきます。
終始落ち着いた形で、これぞCMじゃないかと思います。

メキシコは東アジアとのかかわりも大きく、人参味など東洋漢方が人気なのでしょうか。

南米のガチャガチャしたCMを見るとちょっと物足りないですね。

相変わらず、ラテンアメリカ全国に共通する、
中・韓・日のごった煮イメージ」からは脱却できていません。
唐突な新宿の登場にちょっとびっくりしますね。


皆さんも普段何気なく見ているCMだと思いますが、

こうして一生懸命CMを見てみるとその企業の言いたいこと、ちょっと見えてくる気がしますよね。

皆さんも、お時間があれば気になったCMの裏側を調べてみると、意外な発見があって面白いかもしれませんよ?

それではまた!

↓↓ よろしければクリックしていただけると嬉しいです! ↓↓


↓↓ コロンビアのニュースはコチラから!

↓↓ コロンビア・南米関連のおすすめ本です!


kei
  • kei
  • 群馬県高崎市出身。第二の故郷は名古屋市。
    貿易会社の南米支社長。公認会計士(日米+コロンビア)。
    都内の大学卒業後、プラントエンジニアリング会社へ入社。そこでコロンビアプロジェクトの一員としてボゴタに駐在することに。コロンビアに惹かれる。コロンビア駐在中にMBA取得。駐在修了後、名古屋の外資系企業の財務Mgrとして勤務するが、大学時代の友人に誘われ、貿易会社の南米担当としてコロンビア移住を決断。現在はボゴタでコロンビア人の奥さんと生活中。趣味はコロンビア料理、読書、ダンス

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です